クリニック・病院でのタブレットの活用

「電子カルテのタブレット閲覧」と「マニュアルの電子化」により
問診レベル向上とミス撲滅を実現

こんなお悩みはありませんか?

  • お悩み①|クリニック・病院でのタブレットの活用

    電子カルテがデスクトップでしか見られない

  • お悩み②|クリニック・病院でのタブレットの活用

    患者1人1人のデータを把握しきれない

  • お悩み③|クリニック・病院でのタブレットの活用

    紙のマニュアルでは保存性・検索性が悪い

病院などの医療機関においては、患者一人一人の情報を素早く正確に取得することが求められますが、パソコンのみでの管理や紙ベースでの管理など、すぐに確認ができないという問題を抱えているケースが多く見られます。このようなケースにおいてはタブレット端末の導入は非常に効果的であり、 病院などの医療機関は、最も強くタブレットの導入をおすすめしたい業界の1つです。

そのお悩みをタブレットで解決します

  • 電子カルテがデスクトップでしか見られない
    検査結果の患者さん説明時や点滴中・処置中などに、ベッドサイドでタブレットから以前のデータを参照できるため、説明精度を飛躍的にアップできます。点滴内容と患者さんの照合なども現場で行えるため、医療ミスを激減できます。

  • 患者1人1人のデータを把握しきれない
    回診時に「先生、私は以前より良くなっていますか?」と入院患者さんから急に聞かれても、「前回の検査結果はこう、今回の検査結果はこうなので、数値的にはかなり良くなっていますよ!」などと即答できます。

  • 紙のマニュアルでは保存性・検索性が悪い
    紙のマニュアル運用では、許可のない書き込みや追加、最新版への更新などが追い付かないケースが多いと言えます。劇薬の保管庫や保管数量の把握・確認などもマニュアルと連動して行うことでミスを激減できます。

診察時や治療時など、タブレットを導入することで、医療の様々な現場で常にリアルタイムに正確な情報を把握できるようになります。検査結果を患者に伝える際には画像やデータを活用し、わかりやすく説明することが可能となり、患者の正確な情報を確認しながら治療行為を行うことができるため、医療ミスのような大きな問題の発生率を大幅に下げることも可能となります。命に関わる現場にこそ、タブレットはその効果を発揮することができます。

お問い合わせ

クリニック・病院でのタブレットの活用に
最適な製品

  • Lenovo

    「3種類のサイズから選べる」 Android・Windows対応の法人向けモデル

    詳細はこちら
  • SHARP

    「高品質」「防塵・防滴」 Android対応の法人向けモデル

    詳細はこちら
お問い合わせ