在庫管理でのタブレットの活用

「在庫管理の電子化」により
どこにいても瞬時に在庫状況の確認が可能

こんなお悩みはありませんか?

  • お悩み①|在庫管理でのタブレットの活用

    在庫問い合わせのたびに倉庫に確認しに行っている

  • お悩み②|在庫管理でのタブレットの活用

    在庫がどこに、
    いくつあるかを特定するのに
    時間がかかる

  • お悩み③|在庫管理でのタブレットの活用

    出荷に時間がかかるし、
    誤出荷がある

商品を外部の倉庫に置いている場合、在庫確認のために倉庫に移動し、1つ1つ数を数えなければならず、正しい情報を得るのに時間がかかってしまうというケースが多く見られます。また、手動での作業では検品ミスなどが発生し、誤出荷のリスクが高くなりますが、対策が取られていないということも多々あります。タブレットを導入し、在庫情報をデジタル化することで、倉庫業務のさまざまな課題を解決することができるようになります。

そのお悩みをタブレットで解決します

  • 在庫問い合わせのたびに倉庫に確認しに行っている
    営業外出先やオフィスにいても在庫状況を確認でき、瞬時に回答することが可能です。
    営業マンは帰社後に在庫を確認し、お客様に伝えるというタイムラグが無くせるため提案、受注スピードが上がります。

  • 在庫がどこに、いくつあるかを特定するのに時間がかかる
    WEBからの注文に対して、商品がどこにいくつあるかを瞬時に確認できるため、ピッキングがスピーディにできます。
    商品の出荷後に必要最低数まで自動発注する仕組みを整えておけば補充のための発注に時間をかけなくて済みます。

  • 出荷に時間がかかるし、誤出荷がある
    タブレットで商品のバーコードを読み取るだけで検品が可能で、人による検品ミスがなくなり誤出荷を防ぐことができます。
    検品されたものは即座にクラウド上に登録されるため、未出荷などのミスを減らすことができます。

タブレット端末を導入することで、データによる在庫管理が可能となります。特にWEBからの注文においては、正確な在庫状況を瞬時に把握し、ピッキングを行うスピードが重要になりますが、在庫のデータ化だけでなく、自動発注の仕組みなども取り入れることで、更に管理業務レベルを上げることができます。また、バーコードを活用した検品など、作業効率・正確性も向上され、誤出荷や未出荷などのミスを減らすことが可能となります。

お問い合わせ

在庫管理に適したタブレットの選び方

  • 耐衝撃・防塵・防滴機能がある

    在庫管理では倉庫などの現場で活用することが多く、衝撃や防塵など、過酷な現場でも耐えられる頑丈なタブレットを選択することが望ましいと考えられます。

  • 感度が高い

    在庫管理業務はスピードが要求されることが多く、感度が良く、操作性に優れた高品質なタブレットを選ぶことも必要です。

  • オリジナルアプリ

    在庫管理にオリジナルアプリを使用している場合は、アプリが問題なく動くかどうかが重要です。導入前に、アプリがしっかりと動作するかどうかを調べる必要があります。

在庫管理でのタブレットの活用に
最適な製品

  • Lenovo

    「3種類のサイズから選べる」 Android・Windows対応の法人向けモデル

    詳細はこちら
  • Logitec

    「耐衝撃」「防塵・防滴」「バッテリーレス」 Windows、Android対応の特定用途向けモデル

    詳細はこちら
  • SHARP

    「高品質」「防塵・防滴」 Android対応の法人向けモデル

    詳細はこちら
  • Motorola

    Motorola

    6.5~6.7インチのAndroid対応のスマートフォン。小型のタブレットとしておススメ!

    詳細はこちら
お問い合わせ