不動産の接客でのタブレット活用

お部屋の360度パノラマや周辺情報の動画で入居後の生活を想像させる!
店舗でのタブレット接客なら、紙ベース資料よりも訴求力が格段にアップ

こんなお悩みはありませんか?

  • お悩み①|不動産の接客でのタブレット活用でのタブレットの活用

    言葉と紙の資料で物件情報を説明してもイメージが伝わりにくい

  • お悩み②|不動産の接客でのタブレット活用でのタブレットの活用

    入居中のため、
    内覧案内ができない

  • お悩み③|不動産の接客でのタブレット活用でのタブレットの活用

    物件から駅までの道や周辺情報までは説明できない

店舗スタッフが接客の際に紙の資料を使ってお客様に不動産情報を紹介しようとすると、情報量が少なく、物件周辺のイメージも伝わらず、内覧まで進まないケースや、内覧しても契約まで時間がかかったり、契約に至らない可能性が高くなります。このような問題をタブレットを導入することで解決することが可能となります。

そのお悩みをタブレットで解決します

  • 言葉と紙の資料ではイメージが伝わりにくい
    「間取りは1LDK、角部屋で駅から徒歩5分で築10年の物件です」と言葉と紙で説明してもお客様にとってイメージが湧きにくいものです。
    お部屋の360度パノラマや写真を使うことで物件イメージが鮮明に浮かび、成約に繋がりやすくなります。

  • 入居中のため、内覧案内ができない
    空室時の物件を動画コンテンツ化しておくことで、もし内覧希望時に入居中の物件でも部屋の様子を見せることができます。
    天気などに左右されず、見せたい状態の物件を見せられることもメリットです。

  • 物件から駅までの道や周辺情報までは説明できない
    物件から駅までの商店街の動画や周辺の人気飲食店の写真を撮っておくことで
    物件だけではなく、住む町に対しても、データを使って説明すれば、イメージが湧き成約に繋がりやすくなります。

タブレットを使って紹介すれば、紙の資料では伝えられない物件周辺の情報が伝えられ、入居中でも内覧が可能です。圧倒的な情報量と利便性で、契約の成約率を上げるのみならず、店舗スタッフの業務効率化にもつながります。不動産業においてタブレットを導入することは、お客様・スタッフ双方に大きなメリットを得ることが可能です。

お問い合わせ

不動産の接客に適したタブレットの選び方

  • 大画面で見やすい

    お客様に物件の概要や実際のお部屋を見て頂く場面では、事前に画像や動画を見て頂く機会も多く、画面が大きく見やすい端末が理想的です。

  • Webへのアクセスが早い

    大量の物件情報をクラウド上で取り扱っている場合、お客様にスムーズに情報を伝えるためにはストレスのないWebへのアクセスができる端末を選ぶことが重要です。

  • オリジナルアプリ

    接客時には会社ごとに作成したオリジナルアプリを使用する場合、アプリが問題なく動くかどうかは死活問題となります。動作環境を満たした端末を選ばなければいけません。

不動産の接客でのタブレット活用に
最適な製品

  • CLIDE

    「高性能」「安心」「低価格」 Windows対応の法人向けモデル

    詳細はこちら
  • Lenovo

    「3種類のサイズから選べる」 Android・Windows対応の法人向けモデル

    詳細はこちら
  • SHARP

    「高品質」「防塵・防滴」 Android対応の法人向けモデル

    詳細はこちら
お問い合わせ