テレワークでのタブレットの活用

テレワーク導入時は機材選定が重要!
タブレットなら通信・セキュリティ・労務管理のすべてに対応可能

こんなお悩みはありませんか?

  • お悩み①|テレワークでのタブレットの活用

    テレワーク制度を導入したいが、社員に貸与する機材が無い

  • お悩み②|テレワークでのタブレットの活用

    社員の自宅にネット環境が無いため、テレワークができない

  • お悩み③|テレワークでのタブレットの活用

    テレワーク時の
    セキュリティ対策や労務管理が不十分

新型コロナウイルスの影響により、テレワーク・リモートワークへの移行が急速に進んでいます。しかし、機材やネットワーク環境など、テレワークを実現するための環境が整備できず、社員個人の私物で業務を行っているケースも多く見られます。この場合、個人情報・企業情報などへのアクセスを個人の環境で取得できるようになり、セキュリティに問題が出てきます。また、自宅での業務は会社が細かく把握できず、不十分な労務管理となってしまうこともあります。タブレットを企業で導入し、必要なセキュリティ設定などを行うことによって、スムーズなテレワーク環境の構築が可能となります。

そのお悩みをタブレットで解決します

  • テレワーク制度を導入したいが、社員に貸与する機材が無い
    全社員分の新しいPCを手配すると莫大なコストがかかります。
    タブレットならPCよりも安価に手配ができ、キーボード接続すればパソコンのように使用できます。

  • 社員の自宅にネット環境が無いため、テレワークができない
    タブレットなら通信回線でネット接続が可能なため、自宅にネット環境が無い社員でもテレワークができます。
    会社でまとめて通信の契約をすれば、ボリュームディスカウントによりコストを低く抑えられる可能性があります。

  • テレワーク時のセキュリティ対策や労務管理が不十分
    VPN接続やOSによる利用制限をかければ、承認を得ていないアプリのダウンロードやWEBサイトへの接続を規制することができます。
    また、タブレットの操作ログで勤怠管理を行えば、社員の働きすぎやサボりを防ぐことができます。

テレワーク環境を一から構築するには非常に多くのコストがかかります。通常であればPCを購入したり、社員の自宅のネットワーク環境を会社が負担しなければならなくなる可能性も考えられます。タブレットは端末そのものを安価に手配できるだけでなく、通信環境も安価でスムーズに導入することが可能となります。また、端末自体に必要なアプリをインストールし、Webサイトへの閲覧制限をかけることなどができるようになり、セキュリティ面や労務管理面においてもメリットがあります。

お問い合わせ

テレワークに適したタブレットの選び方

  • セキュリティが高い

    顧客管理システムやスケジュール、メールなどの社内システムへのアクセス権限を付与し、強固なセキュリティをかけられる端末が必要です。

  • 処理能力が高い

    普段利用しているPCと比べても遜色のない処理の能力を持っている端末を選び、生産性が下がらないようにする必要があります。

  • コストパフォーマンスが高い

    社員一人一人に端末を貸与する場合、当然コストを抑えなければいけません。低コスト・高品質の端末を選ぶことが重要です。

テレワークでのタブレットの活用に
最適な製品

  • CLIDE

    「高性能」「安心」「低価格」 Windows対応の法人向けモデル

    詳細はこちら
  • Lenovo

    「3種類のサイズから選べる」 Android・Windows対応の法人向けモデル

    詳細はこちら
  • SHARP

    「高品質」「防塵・防滴」 Android対応の法人向けモデル

    詳細はこちら
お問い合わせ