製造業でのタブレットの活用

受注管理から検品、トレーサビリティまでを電子化することにより一元管理!
問題発生時にはすぐに後追いが可能に

こんなお悩みはありませんか?

  • お悩み①|製造業でのタブレットの活用

    作業指示書やマニュアルの保存性、検索性が悪い

  • お悩み②|製造業でのタブレットの活用

    紙ベースでの検査報告書では記入と保管が大変

  • お悩み③|製造業でのタブレットの活用

    紙帳簿でのトレーサビリティでは、手間がかかる

製造業(工場)の製造現場・生産現場などで、製品や部品の情報管理・生産管理業務を紙ベースで行っている場合、指示書やマニュアルを見つけにくい、報告書の作成に時間がかかる、一連の作業工程の状況・履歴の管理が煩雑になってしまうなどの問題が多数発生します。必要な情報をデータ化し、管理しやすく、かつ必要なタイミングですぐに確認できるようにするために、タブレットを導入する企業様が増加しています。

そのお悩みをタブレットで解決します

  • 作業指示書やマニュアルの保存性、検索性が悪い
    紙での作業指示書やマニュアルの運用では、探すことが面倒で確認不足によるミスの発生に繋がります。
    タブレットでは簡単に保存、検索できることで事前の確認がしやすくなり、ミスを減らすことができます。

  • 紙ベースでの検査報告書では記入と保管が大変
    工程検査を紙ベースからタブレットにすることで、紙帳簿へ記入する手間を激減できます。
    PCへの入力も不要になり、入力されたデータは直接サーバーに保存されるため保管も楽です。

  • 紙帳簿でのトレーサビリティでは、手間がかかる
    部品につけているバーコードの読み取りで簡単に作業内容を記録でき、紙帳票との照合の手間を省くことができます。
    問題発生箇所を簡単に特定することができ、不良率を下げることができます。

タブレットを導入することによって、工場の生産現場の備品・製品管理がペーパーレス化され、管理が容易になるだけでなく、問題の発生箇所をすぐに特定させることができるようになります。また、現場担当者の間でデジタル化された資料・データの共有が手軽にできるようになります。社員の負担が軽くなることで、メイン業務に集中できるようになるなど、製造業(工場)の現場において、タブレット活用は業務効率化だけではなく、生産性向上においても大きな効果を得ることができるようになります。

お問い合わせ

製造業でのタブレットの活用に
最適な製品

  • Logitec

    「耐衝撃」「防塵・防滴」「バッテリーレス」 Windows、Android対応の特定用途向けモデル

    詳細はこちら
  • SHARP

    「高品質」「防塵・防滴」 Android対応の法人向けモデル

    詳細はこちら
お問い合わせ