プレゼンテーション・商談でのタブレットの活用

動画の訴求力は紙ベースの100倍!?
これからのプレゼンはタブレットを使った動画の時代へ!

こんなお悩みはありませんか?

  • お悩み①|プレゼンテーション・商談でのタブレットの活用

    トップ営業とその他営業の実力差が大きすぎる

  • お悩み②|プレゼンテーション・商談でのタブレットの活用

    すべての紙ベース
    資料を持ち運ぶのは
    無理がある

  • お悩み③|プレゼンテーション・商談でのタブレットの活用

    新人・若手一人に
    プレゼンを任せるのは不安だ

若手社員のプレゼンテーション能力を、経験を積ませることのみで育成している企業が見られます。
自発的な能力向上が成長を早めることは間違いありませんが、一方でノウハウが共有されず、育成もままならない状況の中で、トップ営業との差が広がってしまうということがあります。また、いくら知識・情報を多く持っていたとして、それが紙のものになると、常に持ち運ぶことはできず、活用できないというケースも多く見られます。タブレットを導入することで、営業スタッフの能力向上を図ることが可能となります。

そのお悩みをタブレットで解決します

  • トップ営業とその他営業の実力差が大きすぎる
    トップセールスのプレゼン動画をタブレットでお客様に見せれば、経験が浅い営業でも同じレベルでのプレゼンが可能になります。
    新人はその動画を何度も見ることで、プレゼンレベルをスピーディに上げられます。

  • すべての紙ベース資料を持ち運ぶのは無理がある
    プレゼンに必要な資料を電子化することで、タブレット1つですべての資料を持ち運ぶことができます。
    持ち運びが便利なだけではなく、事前準備にかかる時間も削減できます。

  • 新人・若手一人にプレゼンを任せるのは不安だ
    WEB会議システムを使えば、遠隔で上司がプレゼンに同席することができます。
    上司が同席することでお客様側の決裁者と会える確率が上がるため受注に繋がりやすくなります。

営業スタッフにタブレットを持たせることで、プレゼンテーション・商談をスムーズに行うことができるようになります。
トップ営業のプレゼン活用、遠隔での上司のプレゼン参加、大量のプレゼン書類の持ち運びなど、プレゼンテーションに必要なものをすべてタブレットでアクセスできるようにすることで、経験の浅い社員でも安心して商談を行うことができるようになり、またその社員自体が高品質なプレゼンテーションに触れる機会を増やすことで、高い技術を持つスタッフへと成長させることが可能となります。

お問い合わせ

プレゼンテーションや商談に適したタブレットの選び方

  • 軽量かつ大画面

    営業マンが持ち歩いたり商談中に画面を見てもらうなど、タブレットを移動させることが多い場面では、操作がしやすく、画面が見やすいタブレット端末を選ぶと良いでしょう。

  • プレゼンツール等のアプリ

    ExcelやPowerPointなどの一般的なツールや、商談時の自社アプリなど、プレゼンテーションに必要なアプリの導入が可能な端末を選定する必要があります。

  • セキュリティが高い

    顧客管理システムやスケジュール、メールなどの社内システムを外出先で活用することが多い営業マンが活用する端末には、強固なセキュリティをかけておく必要はあります。

プレゼンテーション・商談でのタブレットの活用に
最適な製品

  • CLIDE

    「高性能」「安心」「低価格」 Windows対応の法人向けモデル

    詳細はこちら
  • Lenovo

    「3種類のサイズから選べる」 Android・Windows対応の法人向けモデル

    詳細はこちら
  • SHARP

    「高品質」「防塵・防滴」 Android対応の法人向けモデル

    詳細はこちら
お問い合わせ