建築業でのタブレットの活用

「現場進捗管理の電子化」により
現場での施工、施主への報告、経理作業を効率化

こんなお悩みはありませんか?

  • お悩み①|建築業でのタブレットの活用

    紙ベースで工程表の管理がうまくいかず、工期遅れになる時がある

  • お悩み②|建築業でのタブレットの活用

    大規模の現場ほど、図面の数が増えて持ち運びが大変

  • お悩み③|建築業でのタブレットの活用

    現場で点検や検査結果を紙に記載すると油や土埃で汚れてしまう

建設業においては、工程表や図面などが紙で作られていることが多く、管理が煩雑となり、持ち運びが大変。更に現場環境の中で紙に汚れがついてしまうなど、スムーズに建設作業が進められないという課題が非常に多く存在します。このような問題をタブレットを導入することで解決することが可能となります。

そのお悩みをタブレットで解決します

  • 紙ベースで工程表を管理がうまくいかず、工期遅れになる時がある
    タブレットで工程表を管理すれば、進捗状況をリアルタイムで確認ができます。
    担当者や日程の変更も一目でわかるため、紙での管理で変更情報が反映されていなくて工期の遅れになるという心配はいりません。

  • 大規模の現場ほど、図面の数が増えて持ち運びが大変
    タブレット1台で膨大な数の図面管理ができ、紙の図面の持ち運びが不要になります。
    複数人への共有も簡単に行うことができます。

  • 現場で点検や検査結果を紙に記載すると油や土埃で汚れてしまう
    急に追加工事やプラン変更の依頼があっても、タブレットで積算のし直しやスケジュールの引き直しができます。
    現場に居ながら経理作業もこなすことができます。

建設業にとって何よりも重要なことは、情報のデータ化による一元管理とリアルタイムでの情報共有です。タブレットを導入すると、現場の進捗情報を簡単に確認することができ、かつ変更点や更新状況をリアルタイムで共有できるため、納期遅れが発生する確率を大幅に下げることができるようになります。また、実際の現場においても、大量の図面管理や経理処理など、事務的な作業もタブレット 1 台で完結できるようになります。

お問い合わせ

建築業でのタブレットの活用に
最適な製品

  • Logitec

    「耐衝撃」「防塵・防滴」「バッテリーレス」 Windows、Android対応の特定用途向けモデル

    詳細はこちら
  • SHARP

    「高品質」「防塵・防滴」 Android対応の法人向けモデル

    詳細はこちら
お問い合わせ